オオニシ恭子の薬膳日記

koyakuzen.exblog.jp
ブログトップ

薬膳日々

一日中雨、土砂降りの雨でした。神戸新聞出版局からでた「素敵な自然の贈り物、ヨーロッパ薬膳」が電子本になるので古い資料を整理していたが、この本が出た頃の前後には美味しいもので体は健康になるという、本物の自然の恵みに関われる世界がとても幸せで自分が野菜の化身という思いがありました。「自然で質素に清々しく生きる」が一番と思ってきました。ところが今、自分はかなり怒りを感じています。日本なのか世界なのか、人間なのか、人間社会なのか、果ては自分なのか、失望を感じています。昔ののんきな自分がもう別人のようです。それが良いとは思わないのですが、黙っていられません。家の中で(もちろん公言できる事ではありませんが)「もう、暗殺しかないかも、どうしようもないから」なんて、、、。(聞き苦しいことでした)   2011年7月14日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-07-14 06:46