オオニシ恭子の薬膳日記

koyakuzen.exblog.jp
ブログトップ

薬膳日々

S氏がきてくれて打ち合わせし,彼の車に便乗して東京までいく。若い彼の運転はトラック群をすいすいくぐり抜けてスムースに夜の高速をすべるように抜けていく。途中,パリと同じようなトンネルをくぐった時,パリに居るような錯覚がちらついた。
途中,日本はお金で見る判断じゃない方向に行くべきだし,そうなるのだと言うような話をしたり,
新たな事業の計画など話していたので,長い道中と言う感じがしないで杉並についた。
いつも犬みたいにくっついて、階段など上るとき、猫ちゃんに引っかからないようにして上っていたのが、障害のないまま上る階段が何か物足りなくおいてきた猫ちゃんのこと思って寂しかった。
3月4日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2013-03-04 22:35