オオニシ恭子の薬膳日記

koyakuzen.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

薬膳日々

ベルギーのトライアスロンのトップレベルの選手とその奥さんが個人的相談と研修にきた。
トライアスロンとは大変なスポーツなんですね。水泳4キロ、バイク(自転車)180キロ、マラソン?キロと一日9時間くらい競技するらしいのですが、彼はマクロを厳しく実行していて、他の選手がどんどんだめになっていく中で次第に調子をあげていっているので注目されているらしい。世界で何千人?だったかの選手の中で昨年200位くらい、今年は100位までいきたいと思っているけれどさらにパワーアップする食事を教えてほしいというわけです。彼はすでに見事な食生活をしているようでした。試合前には餅、みそ汁、当日には玄米おにぎり、三年番茶と梅干しをもって競技しているとのこと、あまりにもテストロン値が高いのでドーピングしていると疑われた事もあるということです。正しいごま塩、しぐれ味噌、ジネンジョ、黒ごまドリンク、ダンデエリアンコーヒー、ミネラルなど紹介し、とても満足して帰りました。一日おいてグループでまた来ます。奥さんは親の代からのマクロで、そのように育って、みたところ穏やかでバランスのとれている人でした。最後は足湯をしてかえりましたが、膝掛けのフリースをキチンとたたみ、彼の分も黙ってキチンとたたんだ。ベルギー人の女性には時々とても楚々として陽すぎるのでも陰すぎることもなく,目立たないが光っている人がいる。
              2011年1月31日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-01-31 08:15

薬膳日々

オランダから出版予定の魚を食べない事をいう本へのレセピをつくり、送ったらなるべく欧州のこの辺りでとれているものでというので,レセピを大幅に変え送る羽目になった。新たに考え直し、チロリの葉にすし飯を詰め数種の海藻を紹介し見せる事が出来るようなレセピにし夜中に送っておいた。
先方からすごく大げさな喜びの返事がきたので一安心した。 2011年1月30日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-01-30 08:06

薬膳日々

昼食は、週末になると来るFさんが加わってジネンジョと緑豆と納豆を海苔でくるんで焼いたのをたべた。食後、ちょっと散歩に出かけようという事になり,太陽が珍しくでているから20分でいけるハーン海岸にいこうという事になり外に出ると風が冷たい。Fさんが「風が冷たいからクノックはどう、あそこは海岸からすぐ建物にもはいれるし」ということでクノック海岸にいった。クノックの海岸は夏には海の小屋がびっしり設置され海が見えなくなる。高級ブランドや画廊が海岸線にそって並びオランダ、フランス、ドイツ人たちを引きつけているベルギー一のリゾート地です。。
海岸にでると海の小屋は全部とりはらわれ全くのネイキット、ベージュ色の砂浜には波のマークがきれいに模様をなし、清々しい空と海と砂がのびのびと広がっていた。砂の上を歩き途中海に突き出た堤防に近づくと緑の藻草、アオサのようなものがコンクリートを覆っている。その堤防の上を海に向かって歩いていくと、なんと岩のりや、オランダ迄採りにいっていたゼーエイクも生えていた。おもいがけない光景だった。3人で採集しはじめたが、入れるものがない。Fさんが小さなプラステックの袋をさしだしたのでそれに入る程度のものでよしと思った。堤防の途中に海に向かってかがんだくぼみのある裸体像があった。まりさんが海にむかって「ありがとう」といっているようだと言ったが「Tomorrow 's man made by sea」という題,つまり「海に作られる明日の人」はからだに海水を蓄えるべくくぼみがあるのか、くぼみがあるから海(満潮)を待っているのか、、、、なんか海藻みたいな人間像だなと思いながらさらに先にいくとなんとそこには異様な奇岩城のごとくムール貝がびっしりついていた。袋がいるとFさんはどんどん戻る。わたしたちも寒いから引き返した。そしてFさんはおしゃれな高級ブテックにためらいなく入りプラステックの袋をせしめてきた。そしてまた奇岩城にもどりムール貝やのり、アオサ、ゼーエイクを採集した。今日はおもいがけなくベルギーの海岸にも海藻が,,,などと話しながら戻り、インテリアショップ『フラマン」のウインドーの張り紙50%につられ、店内に吸い込まれ、そこからまた他の店へと、、、小1時間あさっていた。
家にもどり、ムールのスープを作ろうという事になり、セロリ、玉ねぎのみじん切りとともに煮たムール貝は小粒で味が大変よかった。アオサは大根の千切りとあえバルサミコとクルミを加えてサラダ、エイクはクリスプをつくった。ガーリックとローズマリーのスパゲッテイを主食にたべた夕食は
美味しく、3人ともしゃべることさえ忘れ、ムール貝の汁の微妙な味に気をとられていた。デザートはそば粉のクレープに薄切りの輪切りのリンゴを輪に置いて焼きリンゴジュースをかけた。これもまたおいしかった。今日はグルメの日でした。
a0160466_6265026.jpg
a0160466_6254546.jpg
a0160466_6325983.jpg

[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-01-29 05:18

薬膳日々

ビスケットの型を作りたいと思ったが、「デールアンドカミール」のビスケットがたを買ってきて、切ったり曲げたりして変形させ、自分のビスケット型をつくってみました。
a0160466_821716.jpg

       2011年1月28日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-01-28 07:53

薬膳日々

ロンドンのKさんから聞いたのですが、今欧州の医師会が自然医薬品への規制法案を立憲しようとしているとのこと。規制法案が成立すれば、ホメオパシイ、アーユルベーダ、ハーバルメデスンなど自然医学系は魔女狩りにあうということです。それらの自然薬も売れなくなるし買えなくなるという事になります。なんて不便なことでしょう。しかし、規制に乗り出さねばならないほど、医学会にとって無視できない事態になっていることです。人々がもとめれば力で規制してもいくべき方向には行くと思いますが、進化していくということもスムースにはいかないものです。20年くらい前にも同じようなことがあり多くの反対で成立しませんでした。今回はどうなることでしょう。2011年1月27日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-01-27 07:13

薬膳日々

ゲントにでかける。ゲントの古着屋さんは品質がよくデザインも他に見られない素敵な上質のもの売っていて入ってしまうともう虜です。残念ながらサイズがあっていないから買いませんでしたが、まりさんにあう素敵なのがありました。それから他も見て新品の洋服屋も半額でよいものがありました。服を買う予定は全くなかったが見てしまったら、半額につられて買う気になってしまった。たまには気分転換で悪くはないかもしれない。少しの支出でちょっとりフレッシュした気分になれる。
帰ってキッシュを作って食べた.豆腐とパセリの味があっていて美味しくできた。
                        2011年1月26日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-01-26 06:02

薬膳日々

昨夜は生姜シップを肩から頭にかけてやったが頭に血がまわるようで頭部が軽くなった。血を頭に巡らすと気持ちがよい。頭に血が巡らないと気分が良くないといえる。気分が悪いとろくな事を考えない。
今日は腰湯をした。秋に刈っておいたよもぎの干葉を沸かし、たっぷりのお湯でつかる。尾てい骨から頭に血をおくると同時に腰部をあたため、全身がぽかぽかして汗びっしょり。生姜シップにしてもよもぎの腰湯にしても家庭でできるよい方法です。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
BXLからきたYさんは生活の立て直しと健康の自己管理を確率したい。NYからきたTさんはべリーダンサーです。人生の艶を真剣に求めている。ロンドンから来たKさんは自然医学の病理学を勉強しています。パリからきたGさんはコルトンブルーの料理、お菓子の勉強にきたが、疑問を持って、この方法に興味をもってくれた。お互い違う人生の途上で出会いそれぞれの話を聞き、自分を見つめ直し、食を見つめ直し、人生の方向を探って別れていく。 2011年1月25日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-01-25 07:42

薬膳日々

2日目、熱心な質問から展開される具体的な事例について語りあう。いろいろの場所からきている方たちだから、意見交換がおもしろい。お互いの情報交換や視点の勉強にもなってとても意味がある時を過ごしていると感じた。海外のそれぞれの違う社会、風土のなかで感じるものが共通であったり、違ったり、そして外側から見る日本が必ず話題になる。   2011年1月24日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-01-24 09:17

薬膳日々

ブラッセル,パリから来た人を加え、少人数の勉強会。食事をみんなでつくったり、足湯をしたり、時間はたちまち過ぎていく。   2011年1月23日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-01-23 09:06

薬膳日々

午前中にマーケットにいって野菜を仕入れる。ニンジン、大根、南瓜、白菜、キャベツ、長ネギ、玉ねぎ、みかん、リンゴなどたっぷり買って30ユーロくらい、ビオのスーパーに行って豆腐やテンペ、
豆乳、マスタード粉、スパゲッテイなど買って40ユーロくらい、明日からの勉強会に備える。
ビオのスーパーは週末で沢山の人が来ている。そしてあちこちのコーナーで試食させている。ビールやワイン、お菓子もいろいろ、果物、クレープ、チョコレート、ナッツ、ドライフルーツ、などひとつまみづつ試食するとお腹がいっぱいになって喉が乾くがお茶の試飲コーナーもあり動くカフェのようです。皆さん口をもぐもぐさせながら買い物を物色しています。
 夕方、ロンドンからKさん,NYからハーグに滞在しているFさんと夕食をしながらそれぞれの話しは、Kさんがアメリカ、Fさんがアメリカ,私がベルギー、オランダ、まりさんがフランスの、という比較論がでてとても面白く話がはずんで10時すぎてしまった。
夕食はカムートミルクで煮込んだひらひらパスタ(自家製)に白菜じゃがいも入り、レモンジュース味をまりさんが美味しく作った。蕪とジネンジョ、わかめのサラダ、さつま芋とジネンジョ、デーツいりの餡をそば粉のクレープで包んだスウィート、パリで買ってきた熟柿。へたを蓋を開けるようにとってスプーンですくいだす。そのままで美味しいとろっとしたデザートです。結局皮もたべてしまいました。   2011年1月22日
a0160466_10304394.jpg

[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-01-22 09:46