オオニシ恭子の薬膳日記

koyakuzen.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

薬膳日々

二月は短い。明日から3月ですね。時間が過ぎるのがはやいです。郵便局まで行き、センターの広場を横切ったとき冷たい風を感じながら、聞こえてきた日本語に一瞬戸惑いがあった。日本に居るような感じがしたのですが、同時に日本から来た人たちからみて自分がどのように見えるのだろうか、と思った。”旅行者のようではなく、忙しそうにエコバック下げた日本人のようなおばさん”が派手な足袋を履いていた、、、、あまり考えた事もないが自意識過剰になっていたかもしれない。
3月になるのだからすこし気分転換したいとおもった。  2011年2月28日   
a0160466_8134923.jpg

[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-02-28 07:52

薬膳日々

デンハーグの指圧スクールで講習。もう17年くらい続いて毎年この時期に指圧を學ぶオランダ人の男女の生徒さんたちに食の基本を教えてきました。一日で分かりやすく食の方向性を教えなければならない。いままでは陰陽と五行をカンタン化して教えてきた。今回は「食の方程式」をやってみました。みんな真剣に静かに聞いて質問も多くでました。皆さん本当に満足してくれたようです。そして料理の実習では緑豆のスープとカンパーニュのパンをくりぬいて中にからしを塗ってぬちまーすの豆腐やねぎ,トマト、ズッキーニをぎゅうぎゅうおしこんで丸ごと蒸した。外見は丸ごとの丸いホカホカパンです。それとサラダにはくりぬいたパンをクルトンにしてコーラビなどど混ぜる。
スイートはオーツとアーモンドのプッディングにレモンソース、どれも皆さんに美味しいと言ってもらい、どこでわたしのレセピーを得られるか、次はどこで続けて學べるかと質問され、日本まではいけないなーと言われた。
                       2011年2月27日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-02-27 07:33

薬膳日々

一日中雨。明日デンハーグの指圧スクールで講習、食の方程式の英語版のプリントおよび説明図をつくる。パワーポイントでプロジェクターでやる方がよいが,いまだプリミテーブなやり方です。
Fさんの薦めでフェイスブックに加入した。何やれば良いか分かっていないけれど兎に角入りました.そうしたらドバーとあちらこちらからお友達承認とかいうのがきて、今迄知っている人も改めてお友達、知らない人もつながっていくんだな、と、、、人見知りしたいような感じがしました。
          2011年2月26日
   
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-02-26 06:58

薬膳日々

ヤクゼンレディの未来的自己防衛装置は
頭部のヘルメットには脳の進化装置、各国語瞬時翻訳装置、記憶装置補強、音楽装置、電波受信装置
眼鏡は千キロメーター先、またはミクロの世界を見る事のできる装置
ハート型胸当ては乳癌予防装置、肺、心臓補強装置、感情的問題に巻き込まれない防護装置
腰部には子宮ガン防止装置、お腹を冷やさない装置、その他、梅醤番茶エキス、玄米、梅干しエキス
ありがとう携帯装置、
手袋は手を守り、また気を出す装置
膝には膝関節補強装置
ブーツは全身の汚れ排泄装置、水虫防止装置を付ける事ができます。
このデザインはシンプルですが、好みによりドレッシースタイル、クラシックスタイル、仮面スタイルいろいろ変える事ができます。
何か特注も承ります。(たとえば、便秘改善装置、冷え性改善装置 などなど)
a0160466_6233868.gif

[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-02-25 06:01

薬膳日々

まりさんの試作のベーグル,「まりパン」
a0160466_5115365.jpg
と命名
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-02-24 05:07

薬膳日々

a0160466_11531135.gif

[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-02-23 11:48

薬膳日々

時間の流れがまるで雲が流れるようにかんじる。流れながら消えていく雲のように。
NZで地震、リビアが転覆しそう、ソマリアの海賊が米人を殺す、中国や北朝鮮が警戒している内部勃発が起こりそうなヒステリー症状、日本は指導者がかすんでいる。ここベルギーでは政府がない状態。欧州全体では右翼が台頭してきているという。蜂が消えている。魚も減少。癒しは消えそうなパンダにしがみついている。温暖化で世界の低地がしずんでいる。報道されてしったことだけでも雲がちぎれて消えていくような事態が次々起こっている。そして、ところどころで未来のために希望を持とうとする考えや、行動、協力もないわけではなく、それらは美しい色のボートのようだ。雲間にあるボートのようだとおもう。 2011年2月22日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-02-22 11:07

薬膳日々

朝から大忙しでした。{魚をたべなくてよい」という趣旨の料理本が海の日7月8日に向けて世界中の海を守るメーッセージとしてオランダから出されるのですが、それに私の海藻のレセピが出ます.それで海洋カメラマンでもあり海を守る運動家でもあるドスさんと奥さんが来てレセピや私のポートレートをとりにくる日なのです。お昼を一緒にする仕度もあり,上のキッチンで昼食、下のキッチンで撮影用を作り、上がったり下がったり家の中を走り回っていました。ドスさん夫妻は犬を伴って現れました。魚もどきを用意していたのですが、アーモンド入りのジネンジョのポタージュ、サラダはコーラビ,クルミ,梨,ロケット、など和風仕立てにしましたが、気にいったようでした。撮影は昆布のマスカットいり寒天固め、各種海藻をウイットローフの葉にのせた寿司をあれこれ設定を変えて撮り、私はレセピの皿をもってにっこり笑ってと言われてなんどもやっているうちに顔がこわばってきた。こういう撮影は初めてではないが、なかなか慣れない。終わったらほっとしてぼ〜としたくなってしばらくそうしていました。
彼は私の味が気にいったようで、講習に参加したい、どこで参加できるかと聞かれました。彼の海の生物を守りたい気持ちは海を撮り続けてきたからこそその危機に瀕している切実さを知っているが故だと分かります。
日本のタイチのイルカ採りの事を聞かれました。私は実態がよくわからないのではっきり答えられなかったのですが、彼によれば、タイチのイルカ殺しは数匹を食料に売り、2−3を研究に渡し、後のほとんどを棄てるだけなのにどうして殺すのか、他の日本人の関心度は、そして今タイチには変化がおきているのかどうかと聞かれた。わたしは多分タイチの湾には昔からイルカが多くなだれ込み漁も出来なくイルカを殺すしかなかったのが彼らの伝統になったのではないか、と答えたが、彼は知らなかった日本人たちの反応はどうか、と聞く。わたしは多分微妙だと思うと答えた。タイチの伝統であるものをそっとしておくしかない、彼らの仕事を失わせることにもなるからあまり触れないのではないかと言うと、どうして、今の時代仕事なら他の事に変えるのはむずかしくないはずだという。
魚を食べてきた民族にとって魚、鯨、イリカを殺すなといわれると、牛や豚は?といいたくなるので
どちらなら良いと言えないのではないかと思うが、私にしてみれば、どちらもいらないのではないかと思う.しかし私は世界中がヴェジタリアンになるとは思っていない。ただただ、今のように何か動物性が皿にないと貧弱な皿と思っているかのように必ずなにか動物性をとることは必要ないと思う。2011年2月21日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-02-21 16:42

薬膳日々

お庭に蕗の塔が沢山でていました。清潔な緑です。衣を付け天ぷらにしていただきました。ほろにがさが春のエネルギーです。
a0160466_8313523.jpg

[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-02-20 08:27

薬膳日々

アムステルフェーンで講習。肺について、話す。皆さんとても協力的で配膳から後片付けもみんなでやってテキパキと運ぶ。黒豆炒り玄米蓮根梅酢まぜ、蓮根バーグ、滋養スープ、ウイキョウの味噌づけ、コーラビの葛蒸しスイート,を作る。終わってから2組のコンサルテーション。手に湿疹ので来たオランダ人の青年、1歳でオランダからバリにいって自立神経失調症になった赤ちゃん、急激な気候の変化についていけないのが普通です。飛行機で冬から夏へ、夏から冬へ移動する体の負担をわすれています。その上、夏の果物を冬に食べさせていたらどうなるのでしょう。    2011年2月19日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-02-19 08:14