オオニシ恭子の薬膳日記

koyakuzen.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

薬膳日々

今日は宿題をしている。いろいろあるけれど、午後一雨あったあとに荻窪にでる。地下鉄を降りルミネに入る。ここはまるで何事もなかったように物量にあふれ、人も多く、生活がごったがえしている。
被災地の人の事考えると同じ日本でなんという違いでしょう。誰もどうする事も出来ない違いです。
2011年3月31日。
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-03-31 23:05

薬膳日々

今日も方程式の応用で、ライターさんたちとさらに突っ込んでいく。充実したミーテイングとなった.
良い本ができるわね、といってとりあえず終了。
その後、講習に来てくれたスイス銀行のNさんが来てまた陰陽のはなしで盛り上がり、みんなで銀座にでる。銀座吉水で藤井さん額賀さん、それからプロの料理人のNさんが加わり夕食。吉水のさっぱり料理をいただく。女将は一品一品運ばれてくる時に「この豆腐は吉田茂さんが一日2丁食べていた豆腐と同じ」というように説明してくれる。大磯に住む女将さんは大磯から豆腐、ふきのとう、小魚などどれも出所のわかったものばかりの素材を損なわないよう調味料もほとんどつかわない、他にまねできないのが誇りのようです。 
食事の途中で電話がはいった。国土計画の人が被災地に行くというので一緒に行く事になっていたが、やはり現地の状態が分からないため,見合わせなければならないとのことだった。何かしたいということも非力ではどうする事もできないのです。 
銀座も節電で暗い。帰りの地下鉄も暗く、人がまるで居ないから銀座とはおもえないほどです。これではあちこちご商売は立ちゆかないのではないかと想定できる。
2011年3月30日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-03-30 22:47

薬膳日々

築地まで行く。「自分食」の出版のための聞き取り。編集者とライターさんととことん方程式の応用法に関して議論。みんなが納得できるようにするために先ず自分たちが納得していないといけないということでいろんなケースに当てはめてみる。それはとても良い事だった。方程式が普通に理解を得るためには当然のことだ。2011年3月29日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-03-29 22:40

薬膳日々

地震がまたいつ起きるか分からない危ない地表のうえで生きていて、そしていつ原発の惨状が悪化するか分からないニュースを気にしながら、明日の打ち合わせの原稿を作っている。少し仕事してはインターネットニュースに切り替えて変わった事ないかチックしているのがほとんど習慣みたいになってしまっている。思いきって外にでてみる。お天気だし、何事もないかのような人通り、まだみんなものを持っていて、ものを売っていて、ものを買っている。でも11日以来何かが変わった。

福島のいわきの県会議員をしている人にいわきに行って私がやれる事はないか聞こうと思いその妹に当たる人に連絡した。しかし、県会議員であろうとも,困難な状態だということだった。
      2011年3月28日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-03-28 22:25

薬膳日々

まりさんからブログの誤字が多いと言って来てくれた。本当に見直さないととんでもない事になっていた。
頭は震災のことばかり、それでも何も出来ないのが歯がゆくて、自分のできることをしなければとおもっている。被災者の事を思うと、玄米をたべ、暖もとれ,布団で寝れるだけでも贅沢な生活していると思う。その分なにか役にたちたい。
富士山が今回の振動で刺激されているという説もある。富士山ばかりでなくこの火山列島が次々爆発してしまったら、、、。      2011年3月27日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-03-27 10:26

薬膳日々

a0160466_22461527.jpg
朝起きるとすでに男性3人は雪かきをしていた。私もすこしやってみたがさらさらのドライな雪でした。
朝食は吉水の女将さんと石川さんがせっせと用意してくれて、見事な黒米いりの土鍋ご飯、うこぎのわかめの緑がとても美しくはえている。それにエゴマのごま塩をかけて美味しくいただいた。
それから八ヶ岳中央農業実践大学校を訪問。ちょうどお出かけしようと車で門をでようとしていた校長先生のTさんが時間をさいてくれて、敷地内に戻り、お話の機会を作ってくれた。どうしても震災の話になり、農場に東北の被災者の家族を受け入れる話をされた。それから、国のあるべき事など日本人の自覚をもった考えのなかに大きな懐のある暖かさと力強さを感じた。国難だから、みんなでたすけあわなければという言葉がTさんからでると、誰もが口にださないが同感している。戦争ではないが、敵国のない戦争,いってみれば自分自身、自分たちの属する社会に大して深い反省をつきつけられ、自分の国の今迄の経緯が敵になった。ここで日本が選んでいく方向を本当に危惧している。利益主義に走らず、人間らしい生活を作っていく強い意志を連帯していけないかとお互い思っている。壮大な八ヶ岳を背にこの美しい農場にも汚染が忍び寄ってくるのだろうか。自分で食べるものを作る事を主張し、路地の草木を盆栽にする素敵な本をだしたIさんが東京から引っ越して田舎で雑貨屋や農業をやるという。その家にいく。ちょっと前の日本家屋で油やだった家。懐かしい神棚、たたみ、廊下、障子が、前の住人の生活そのまま残っていて、片付けるのが大変だろうなとおもいながらも,改善され、新しいエコのスタイルの雑貨やで茶屋になることの想定をしながら、日本の改革って、こういう小さいところから一人一人がやっていくしかないのかなと思った。
昭和、大正、明治の廃校を改善したエコの『おいしい学校」へいきみんなで昼食。ここのレストランは年間10万人がくるという。
校庭だった駐車場からのぞむ八ヶ岳は険しく美しく、日本のふるさとの象徴的眺めだった。
2011年3月26日
a0160466_2252346.jpg

[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-03-26 21:52

薬膳日々

朝、新宿でFさん、Nさんと待ち合わせて長野県クラスワへ。10時についた。お天気はよく。1時30分から「寒天」のテ−マで講習です。すぐ満席になったという。3時半まで話、3店の寒天レセピをつくり試食をしておわる。今回は皆さん質問もあまりなく静でした。私は震災のこと、海藻の事、陰陽のことなどおはなししながら自分食をみいだすことをはなす。また現在の日本の置かれた食のありかたや、放射線防護に海藻を、という話などした。飯田から生活菜園のッさんもきてくれた。
講習後は元アナウンサーとして活躍したKさん宅へとSさんの車でいく。雪が降ってきた。
標高1300キロの山荘のKさん宅につくと辺りはすっかり雪に覆われていた。
山荘の中にはいると吉水のNさんとKさんが出迎えてくれあたたかなしつないから美味しそうな臭いにつつまれた。四季盆栽の出版をしたIさんもいてたちまちのうちにテーブルの上は美味しそうな婚約や大根シメジなどがならび、土鍋をかこんで夕食をいただきながら、今後の生活のあり方など各々が意見をいいさぐる。原発の事、政治の事、大企業の事、日本のこと、自分たちは力のおよばない立場に居る事は承知しながらも新しい日本の再生に何か出来る事がないか思いはひとつになっていた。心通じるひとびととの暖かい夜、この時日本に来るべきして来ている感じがしている。 2011年3月25日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-03-25 20:25

薬膳日々

朝、新宿でFさん、Nさんと待ち合わせて長野県クラスワへ。10時についた。お天気はよく。1時30分から「寒天」のテ−マで講習です。すぐ満席になったという。3時半まで話、3店の寒天レセピをつくり試食をしておわる。今回は皆さん質問もあまりなく静でした。私は震災のこと、海藻の事、陰陽のことなどおはなししながら自分食をみいだすことをはなす。また現在の日本の置かれた食のありかたや、放射線防護に海藻を、という話などした。飯田から生活菜園のSさんもきてくれた。
講習後は元アナウンサーとして活躍したKさん宅へとSさんの車でいく。雪が降ってきた。
標高1300キロの山荘のKさん宅につくと辺りはすっかり雪に覆われていた。
山荘の中に入ると吉水のNさんとKさんが出迎えてくれ暖かな室内から美味しそうな臭いにつつまれた。四季盆栽の出版をしたIさんもいてたちまちのうちにテーブルの上は美味しそうな蒟蒻や大根シメジなどがならび、土鍋を囲んで夕食をいただきながら、今後の生活のあり方など各々が意見を言い探る。原発の事、政治の事、大企業の事、日本のこと、自分たちは力のおよばない立場に居る事は承知しながらも新しい日本の再生に何か出来る事がないか思いはひとつになっていた。心通じる人々との暖かい夜、この時日本に来るべきして来ている感じがしている。 2011年3月25日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-03-25 20:25

薬膳日々

東京の水の放射線が多くなった。健康被害がすぐに動向という事はないという。活性炭を探しにでかけた。Mさんと高円寺で会い、いろいろ話したあと、活性炭を一緒に買いにめぼしい店に行った。
竹炭や活性炭を買って浄水器に入れる。目にみえない放射線の被害をどのようにとらえるべきなのか、
政府の言う事を信じれるのか、信じなければどうすれば良いのか日本中の人がおなじ問いをもっているに違いない。結局、神経質になっても仕方ないというしかないのだ。
海外の知人たちは早く帰っていらっしゃい。日本は未来も健康ももはやないようにいってくる。余程ひどい状態に報道されているにちがいない。真実は誰にも分からない。2011年3月24日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-03-24 20:11

薬膳日々

今日もインタビュー。{自分食を探す食の方程式」こそ皆さんに聞いてもらいたい食の原点ですから話す事にも熱が入る。 2011年3月23日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-03-23 20:02