オオニシ恭子の薬膳日記

koyakuzen.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

薬膳日々

ロッテルダムでの講習は10時半、その前に打ち合わせがあり、9時半にロッテに到着し、センターのオーナーMにジャム、署名運動、出版へのサポートをたのむ。ジャムにかんしては大手のおろし屋さんにももう話してくれていた。署名運動を欧州での物としても共にやっていこうといってくれ,インターネットをたちあげてくれるという。
講習では鉄火味噌を3グループに別れてつくり、それぞれ持ち帰れるようにした。コレから食で生き延びていくために、自衛は必須です。作り方も自分で知る必要があります。ロッテではこの様にして実習を強めていきます。 2011年11月30日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-11-30 21:17

薬膳日々

オランダ海藻プロジェクトのメンバーとベルギー人のカメラマンが来て、出版予定の本に関してのミーティ−ングをする。もうしっかりと本の形がプレゼンテーションができていた。オレンダ語や英語で意見交換。オランダの海藻のみに限定された内容なのです。海藻食推進が盛り上がって来ているのはずーとやって来た事が効をそうしてきたのですが、皮肉な事に福島原発事故以来、全く日本の食品は安全性の信用をうしなっているので、日本の海藻をアピールできないのは仕方のない事かと思わざるをえません。 2011年11月29日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-11-29 20:58

薬膳日々

今日は一歩も外に出ないで、玄米ご飯に豆腐のみそ汁、白菜の炒め物、梅干し、海苔とシンプルにただいて、三味線少々練習した。skynetが長い事送信できなく、やっと出来るようになったら、今度は受信ができないでいる。局に電話をしても後で電話するといってこない事2度目なのでgmailにアドレス変更のお知らせをしはじめた。夏にマクロビオテックのサマーキャッンプに講師で来てほしいという依頼に応答で、何をするかなど送った。長いおつきあいではあったが、あまり意欲がなくなっていたので、断ろうかと思ったのですが、桜沢先生のこと思い出すよう刺激してこようと思った。先生の事新鮮に話しようと。ロッテルダムにあるオランダ一のビオのスーパーマーケットのオーナーは旧知なので「peace
jam]売り出しの協力を頼んだ。大きなフォーセーラーがのりだしてくれるかもしれないということだった。しかし野菜をジャムというのは欧州では法律で禁じられているという。「peace jam]はブランド名にして、[onion compote] か[onion puree]にすればよいと提案した。 2011年11月27日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-11-27 08:18

薬膳日々

今日はアムステルフェーンへの講習で朝6時半出発が、ナビのセッティングがうまく行かず少々でおくれたが、霧は全くなく見通しがよく、土曜日で道がすいいているのでスムースで、10時前には目的地に着きました。久しぶりの皆さんにお会いした。日本の話題が多くなって、方程式のIIIの調味料の加減の話は説明が短くなってしまった。レセピは玄米の白菜巻き、クノールセロリのポタージュ、牛蒡のグルテン巻き、ケール豆腐とからしあえ、桑の葉の粉入りマーフィン。ヴェルベンヌのお茶でした。

a0160466_49590.jpg


帰りは少々眠くなり、途中で一回やすんでリフレッシュし、家について、ネット上の興味深いネタ(北朝鮮に関してのもの)を読んでいたら夜中の3時になってしまって、朝早く起きる習慣を壊したくないから、あわてて寝た。2011年11月26日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-11-26 03:41

薬膳日々

a0160466_8165530.jpg

[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-11-25 03:28

薬膳日々

いろいろ料理の実験をしていた。料理の実験は黙々とやっているのだけれど頭は忙しく回転している。
そして出来上がりの味を見るのが楽しみなのだ.けれどひとつ困るのは、実験すればするほど食べきれない皿数がならんでしまうことだ。片っ端から食べてくれる育ち盛りの子供でも入ればよいのに、あいにく一人じゃどうしようもなく、作るのはいいが、もうなにも食べたくなくなってしまうことなのだ。
2011年11月24日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-11-24 07:57

薬膳日々

なんか、日本の音づいてしまって、津軽三味線、長唄、地唄、落語、浪曲、美空ひばりと聞きまくってしまった。長唄はむかしならっていたが、落語はあまり聞いた事がなかったが面白くて笑えた。(昔は笑わなかった)浪曲って子供の頃聞いた事のある、平沢虎造の次郎長石松で、ず−と,ずーと昔の事だった。改めて美空ひばりの声の質のよさというのか、しっかり粘っこい声量は、別格なんだなとおもったがどうも余り長く聞いていられなかった。しかし、高橋竹山のつかる三味線の「岩木」は何度も聞きたくなった。2011年11月23日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-11-23 07:56

薬膳日々

私たちは食べ物を口に入れて味がわかり、まずいと吐き出す、おいしければ胃に送るようにできていますが、魚の場合はおおく体表のあちこちに味蕾がついているのだそうで人間の20倍もの数だそうだ。
つまり、食べる前にもう味を感知するということだから、人間の感覚で考えてみると、一日中味が先にきてしまうのはたまらないなーと思うけれど、案外魚の場合は厳しくて自分にあった食べ物にであうことはまれなのかも、そのかわり近くに味がきたならば決して逃さないよう、食欲に触発されて猛然と
突進する気になれるのかも、、、などと考える。

魚達の会話も我々とはかわることだろう。
「この頃、美味しいものがわからんのよ。美味しいと感知したのでのみこんでしまったら、プラステイックだったんだよ」「この頃は美味いか、まずいか俺たちの味蕾がくるってしまっているんだね。」
「人間の場合は口に入れてから吐き出す事も出来るけれど、私らはおいしいと感知すれば後は丸呑みしちゃうから、舌の感知を強化しないと」[でも人間も舌の機能はかなりおちていて、美味しいとおもって,石油食品や化学添加物などすごくとって病気になっているらしい」「人間のとばっちりでこっちまでおかしくなってしまっているんだから、こまったものだね」

2011年11月22日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-11-22 17:15

薬膳日々

ひどい濃霧でゼーランドの湾の船が事故をおこしたという。近頃珍しい濃霧ですが、10年前以上は霧に悩ませる事しきりで、もっともひどかったのが、ガソリンを入れていてもメーターが霧で見えなくて困った事があった。濃霧のため明日のミーテイングがキャセルに。
まりさんカから電話があり、まりさんの近況を楽しく聞く。イギリスのB&Bを手伝っていて、来年のクリスマスケーキを作ったのだそうです。いろいろなフルーツをいれて、5時間くらい蒸して、それは来年食べるためなのだそうです。まかされて作ったのですが、砂糖の量がおおすぎるので減らしたところ、甘くないといわれたとか。来年迄腐らなければいいですが。2011年11月21日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-11-21 16:57

薬膳日々

a0160466_7164390.jpg
今日は晴れなので撮影に良い。「素敵な自然の贈り物」をアプリにするための料理写真撮影をした。
ビールパン、キムチ、そば粉の簡単ケーキ、カプチーノ、紫キャベツの酢炒めなど数点撮ったところで
日が落ちて来たのでやめて、スラーウス(オランダ国境、ブルージュから18キロ)にスパイスを買いにいく。スラーウスにはドイツ系の”reformhuis" と“De Groene Luifel"がよいスパイスや茶をとりそろえている。季節別故障のミックス、シナモン、バニラ、ゴージ、アニススター唐辛子、うこん、丁字
を買いました。
小さい街はお祭りのように人で混んでいて、何処の駐車場も空きがなく、カフェも満員。
ベルギーよりマッチョなカップルが多く、国境をこえると全く違う雰囲気なのです。
2011年11月20日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-11-20 06:58