オオニシ恭子の薬膳日記

koyakuzen.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧

薬膳日々

『海の森づくり推進協会』発行の最新ニュースレターに東邦大学名誉教授,入江實先生の放射能と海藻についての記事が載っていて、再度元気づけられました。
50年前もの実験で、先生が確信した事は、海藻のヨードを摂った人と摂らない人の放射能の摂取反応が違うという事が分かったのです。甲状腺は放射能の有る無しに関わらず、ヨードを必要としているため、十分にヨードを持っていない甲状腺はヨードに飢えていて、放射能であろうと、ヨードが入り込めばすぐに取り込んでしまうということです。チェルノブイリ原発事故が起き4年後には若者達に甲状腺ガンが多発しましたが、もともと、チェルノブイリの地域ではヨウ素の摂取量が少なかった事が後で分かったとのことです。日頃食事で海藻をよく食べている日本人はヨウ素の取り込みが少ないはずだというわけです。しかし、多く摂り過ぎつづければ、かえって甲状腺ホルモンの減少を起こし、甲状腺機能低下症となって全身倦怠を起こすということです。世界的水準でいえば、成人一日
1.50mg, 日本人は平均一日に5mgくらいとって居ますがこれくらいでは安全ということです。昆布1gにつき1.3−1.5mg、10cm角でヨー素は5mg含まれているということです。
ちなみにワカメは昆布の半分くらいのヨー素で、昆布の方が含有量が多いのですが、過剰に摂取しないよう、コンスタントに摂っていく必要があるのですね。海藻は放射能に汚染されていないかと心配ですが、松田会長は、青森や北海道の海藻からは検出されていないし、出荷されている海藻は検査されてだされていると言います。風評被害のため海藻の出荷量は激減し、立ち直るのに大変だそうです。冷静に見直さねばいけませんね。私の海藻の本も出版差し止めになったままですが、日本人こそ海藻を今食べなければならないので、日本での海藻アピールも考えなければなりません。
2012年3月31日
*****************************************
松本花依先生の”気”の集中講座6月29日からです
a0160466_643862.jpg

。 
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2012-03-31 05:50

薬膳日々

一日中、来年フランスから出る海藻本のレセピを考えていた。日本の海藻を売り込みたい気持ちは今通用しません。フランスでとれる海藻をどうやって扱い、簡単に調理して、食べれるか、どうレセピにするか、日本では海藻を古代から食べて、健康を維持して来たと言う事は言えますが、皮肉にも日本の海藻をみんな輸入したがらない。残念です。
昨日来たベルギーの記者は、もう海が汚染され魚は食べられないから海藻に目をむけていると言って
いました。一般的には魚も海藻も海の生き物で、海藻も汚染されているのは同じと考えるでしょうが、動物と植物は違う。動物は食物連鎖で、毒の蓄積が大きいけれど。植物は毒を吸い取るか否か選択する能力が動物よりあるらしいし、吸い取ったとしても体に必要ない物として出してしまう、または自浄作業があるらしいと言ったら、大きくうなずいていたから、納得しているいるらしい。
日本人は余りそれをいってもも納得しないし、魚食べ過ぎています。その結果として表にもその兆候が出ていると思われる人が多いのですが。

日本に行くのは嬉しいけれど、庭の草花としばし別れるのがとてもつらいです。蕗は出てくるかなと探したらもう可愛い葉を2−3カ所でだしていました。いらっしゃい、こんにちわ、です。居ない間寂しいけれどがんばっていてね、と言う気持ちを伝えました。2012年3月30日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2012-03-30 04:27

薬膳日々

ベルギーの大手新聞『De Standaard』の記者とカメラマンとともにクノックの海のバンクへいき
アオサ、のり、など採集した。カメラマンが採集風景を撮った。海苔は大きく育って岩にへばりついているのが結構ありました。アオサは岩にへばりついてあちらこちらにあった。
それからオステンドに行ったが、砂浜にたくさん落ちていると思ったシースパゲッティはひとつも見当たらなかったから季節がちがうらしい。クノップスウィアとわずかにヤパンスベッセンがあった。
家に戻りすぐカンタンな料理をしてみせる。海苔を醤油で煮て,カナッペ、すし飯の中に豆腐,キュウリといれ白菜巻すし、アオサのみそ汁、ゼーエイクのクリスピー、ゼーエイクのスープ、ヤパンスベッセンのサラダ、を作って撮影。5時過ぎ迄かかる。
5月末に週末の特集ページになるらしい。ベルギーでの海藻への感心を刺激できたらと願う。ベルギーの海にも海藻の種類があり、育つ可能性をさらに感じた。
2012年3月29日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2012-03-29 02:21

薬膳日々

朝、7時に作ったものを車に積んで、Goesのマリアンの家にむかう。9時5分前について、マリアンと
ボートのあるBurghsluis にいってボートに乗り込み、ボートのキッチンですぐ、準備にかかる。
お天気はすばらしく、着ていたものを一枚ぬいだ。今日の船上の会合はオランダ、ベルギーからのプレス関係者達35名くらいの人々がオランダの初の海藻の養殖場ツアーで、その行き帰りの船内での海藻スナックの試食と説明をします。養殖場を作ったワ−ニンヘン大学のブランデンブルグ教授は始終ご満悦の笑顔だった。「今日はあなたの夢を見れ,よかった」というといつもの気難しい表情はみじんもなく、うれしそうだった。
料理はスナックだから、軽い物であったけれど、カメラマン達がお皿にむかってシャッターをきり、人々は美味しいと言って好評でした。私はどうやって作ったかを説明し、マリアンが我々の活動を説明した。マリアンは私のもとでやってきたこのプロジェクトに関して話し、教授は我々が海藻への感心を高めたと言い、船内の主役は私だと言ったので、私は海藻を両手に持ってポーズさせられて写真を撮られたりしたが、なんとなく、微妙だった。一緒にやって来た仲間は、私の存在が不可欠だと思っているが、ゼーランドの土地の産物と自分たちオランダ人が海藻を手がけている事を強調したいことが強く、今後、日本の海藻を輸入したくない、日本に頼りたくないという気持ちがはっきりしているのです。これはフランスでも同じです。
若芽の茎のリンゴ酢で煮たものをキュウリの輪切りに載せたのが美味しいというひとが多かった.
養殖場につくと、大きな枠の筏のような所に潜水服をきた2人が立っていて、綱を引き上げ海藻の状態をみせてくれた。4ヶ月でこのように成長したというがすばらしく大きなわかめのような海藻がひきあげられた。カメラマンがシャッターを切る。
オランダの海がこんなにきれいだとは、と思うほど素晴らしい眺めで、おまけに、教授が話している間にみんながそれを無視するほど殺気だったのは「zeehond]が見えた、ということでした。[海の犬」って何だろうと私も甲板にのりだしてあっちだこっちとその影を追いましたが遠いかなたに2頭がいるのを見ました。マリアンはゼーランドにくらしているけれど初めてここでドルフインを見たと興奮していいましたが、「海の犬」とはアザラシのことでした。

帰りの船内ではウイット路麩に若芽とニョッキを仕込んだものと、クリスピーを出しましたが、ウイットローフは,デザインが褒められ、クリスピーは美味しいと何度も手をだしてくれました。
すべてが無事、好評のうちにおわり、私たちは近くの海に突き出たレストランのテラスにすわってミーテイングしました。夏のような日差しでしたが風は結構冷たくコートを羽織り、オランダとは思えない海の景色を楽しみながら、海藻プロモーションのための市からの要請事項について検討しました。

a0160466_1185449.jpg

a0160466_1110517.jpg

[PR]
by kyoko-yakuzen | 2012-03-28 10:09

薬膳日々

朝、7時に作ったものを車に積んで、Goesのマリアンの家にむかう。9時5分前について、マリアンと
ボートのあるBurghsluis にいってボートに乗り込み、ボートのキッチンですぐ、準備にかかる。
お天気はすばらしく、着ていたものを一枚ぬいだ。今日の船上の会合はオランダ、ベルギーからのプレス関係者達35名くらいの人々がオランダの初の海藻の養殖場ツアーで、その行き帰りの船内での海藻スナックの試食と説明をします。養殖場を作ったワ−ニンヘン大学のブランデンブルグ教授は始終ご満悦の笑顔だった。「今日はあなたの夢を見れ,よかった」というといつもの気難しい表情はみじんもなく、うれしそうだった。
料理はスナックだから、軽い物であったけれど、カメラマン達がお皿にむかってシャッターをきり、人々は美味しいと言って好評でした。私はどうやって作ったかを説明し、マリアンが我々の活動を説明した。マリアンは私のもとでやって北このプロジェクトに関してはなしたので、私は海藻を両手に持ってポーズさせられて写真を撮られたりしたが、なんとなく、微妙だった。一緒にやって来た仲間は、私の存在が不可欠だと思っているが、ゼーランドの土地の産物と自分たちオランダ人が海藻を手がけている事を強調したいことが強く、今後、日本の海藻を輸入したくない、日本に頼りたくないという気持ちがはっきりしているのです。これはフランスでも同じです。
若芽の茎のリンゴ酢で煮たものをキュウリの輪切りに載せたのが美味しいというひとが多かった.
養殖場につくと、大きな枠の筏のような所に潜水服をきた2人が立っていて、綱を引き上げ海藻の状態をみせてくれた。4ヶ月でこのように成長したというがすばらしく大きなわかめのような海藻がひきあげられた。カメラマンがシャッターを切る。
オランダの海がこんなにきれいだとは、と思うほど素晴らしい眺めで、おまけに、教授が話している間にみんながそれを無視するほど殺気だったのは「zeehond]が見えた、ということでした。[海の犬」って何だろうと私も甲板にのりだしてあっちだこっちだとその影を追いましたが遠いかなたに2頭がいるのを見ました。マリアンはゼーランドに暮らしているけれど初めてここでドルフインを見たと興奮していいましたが、「海の犬」とはアザラシのことでした。

帰りの船内ではウイットロフにワカメとニョッキを仕込んだものと、クリスピーを出しましたが、ウイットローフは,デザインが褒められ、クリスピーは美味しいと何度も手をだしてくれました。
すべてが無事、好評のうちにおわり、私たちは近くの海に突き出たレストランのテラスにすわってミーテイングしました。夏のような日差しでしたが風は結構冷たくコートを羽織り、オランダとは思えない海の景色を楽しみながら、海藻プロモーションのための市からの要請事項について検討しました。

a0160466_1185449.jpg

a0160466_1110517.jpg

[PR]
by kyoko-yakuzen | 2012-03-28 10:09

薬膳日々

明日のための準備におわれました。新鮮な海藻をあらい、選別してクリスピー、パテ、ソース、佃煮など作り,足りない材料を近くのオーガニックショップに買いにいき、戻って来たら、家中海藻料理の独特の臭いが充満していた。
自分紹介のリーフレットを作ったり、説明する原稿作ったり、黙々と一日中やっていました。
2012年3月27日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2012-03-27 10:03

薬膳日々

まりさんがいよいよ帰国で、ブルージュ駅まで送りました。急に寂しくなった感じですが、山積されていることをかたづけなければならないので、自分に厳しくするするしかありません。
まりさんを送って、すぐブレスケンスに向かい、そこからボートに乗って、ヴリシンヘンに行きマリアンを待ち海藻を受け取り、ミーテイング。ゼーランド市はいよいよ海藻プロジェクトに多額の煙管資金を出す事になり、そのための海藻プロモーションの行事が多く提案されてきました。その説明を聞き、
どのようにこなしていけるか考えていかねばならない。願っていた事ではありますが、その後マリーケと3人で、28日のためのうちあわせをして、またボートにのって帰途。
2012年3月26日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2012-03-26 09:45

薬膳日々

朝、クノックの海岸へ、海藻が、海に突き出たバンクに付着しているかチェックにいった。
アオサ、クノットスウイーアは多少ついていたが、海苔は2−3カ所に小さいのがあっただけでした。
しかしムール貝がバンクの両脇にある石をおおい覆い尽くしていた。

2012年3月25日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2012-03-25 09:37

薬膳日々

アムステルフェーンにて講習。新しい方達が加わって大人数でした。アレルギーと春の体の掃除、野草をテ–マに話し、イラクサのポタージュ、テンペのローズマリ醤油付け、漬け物サラダ、甘酒プッデイングなど作りました。皆さんとても熱心で、協力的で、大勢であったにも関わらずスムースにできました。
アレルギーは必ず治るけれどもう何年もそれで苦しんできた方達が多いのは、現代のタンパク質摂取過剰の兆候です。戦前、戦中にアレルギーではなく肺結核が日本の国民病の筆頭だったのですが、それは
栄養が足りなく免疫力が下がったからで、戦後は経済の安定と、動物性摂取が増えていき栄養過多状態がおき、免疫力は上がったが、免疫力が強くなりすぎると、抗体の以上反応をおこしアレルギー症状になるという。

講習がおわり、Tさんとライデンに向かいHさんと落ち合って福島行きの事について話し合う。
帰りは夜中の3時になってしまいました。
2012年3月24日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2012-03-24 09:18

薬膳日々

スロースにまりさんの荷物を出しにいき、帰ってから明日のための食材の買い物、庭のイラクサやよもぎを摘んで洗ったりして明日のフェーンの講習の準備をしました。
ベルギーの雑誌から海藻に関しての取材申し込みがありました。
海藻ブームの兆しはオランダ、フランス、そしていよいよベルギーにもやって来たのかなー 
2012年3月23日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2012-03-23 07:26