オオニシ恭子の薬膳日記

koyakuzen.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

薬膳日々

中野坂上まで行ったが帰りは家まで歩いてみた。たいしたことなかった。
インターネットで家具や中古車などなどもろもろ探してみた。
猫ちゃんが遊んでほしいとせがむので袋を丸めて揺らしたら,飛びかかってよい運動になって、良くねこんでしまった。2012年12月22日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2012-12-22 04:05

薬膳日々

新しく住む奈良の家で居るもの、部屋の整え方など考えたり、運送の件や、東京に家の整理などやらねばならないことの順序をかんがえてみた。
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2012-12-21 03:58

薬膳日々

北井画廊にいく。湯豆腐などだしてくれ、暖まり、そしておしゃべりしているうちに「終電が、」と言われはっと、目の前にかけてある4−5個の時計(北井画廊は各国に出展しているので、各国の時刻を同時にかけている。)の一つは(日本時間)は11時半になろうとしていた。
あわてて、飛び出して尾久駅に行くと電車が遅れてなかなかこない.やっときた終電で赤羽に行き、新宿どまりの終電、そこから最終の丸の内線に乗ったら,中野坂上どまりの最終電車、タクシーに乗ろうと思ったら方南町行きの最終がホームの反対にいたので飛び乗った。方南町からタクシーに乗ろうとしたが地図を見たら和田まですぐだったので、歩いた。東高円寺より近かったか,同じくらいで新発見だった。それにしても飲んでいたわけでもないのに終電の乗り継ぎをするほどゆっくりしてしまったな、と自分にあきれた。2012年12月20日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2012-12-20 03:39

薬膳日々

選挙の結果は予想されていたように自民党が圧勝した。維新も想像以上だった。
これをどう解釈すればよいのだろうか。
原発は再開される方向だ。

あんな恐ろしいこと二度とありませんようにとおもっているひとより経済の優先をのぞんで居る人が多いということなのか。
自民党がこういう事態にしてきた訳で,当分自民が大きく反省し,変わらない限り,自民に入れたくないと思っている人が多いのではないかと思っていたが,日本人は何を考えているのか,どういう方向にいきたいのかわからなくなった、と感じた。
興奮気味の自民党首は「日本は世界でも優秀な技術を原発に対してももっている」という。じゃなぜ福島が起きたのでしょう。優秀であっても自然の計り知れない力には勝てなかったと、想定外だっとと言ったのももう忘れてしまったようだ。経済を立て直し,中国、韓国を制し,アメリカとうまくやる?
もっと違う道を選んでほしかった。
今、直下型地震、富士山の爆発の可能性がますます高まっているといわれているのに。
2012年12月19日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2012-12-19 03:23

薬膳日々

渋谷のまめひこでうちあわせで、TさんとMさんに会う。
黒豆入りのコーヒーを飲んでみる。
普通のカフェでも工夫したレセピをつくっている。
原理なきおしゃれ感覚のレセピはもうとてつもなくあるようにおもえた。
2012年12月18日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2012-12-18 03:10

薬膳日々

吉祥寺の『タイヒバン」にいく。店の中央に堆肥の山ができているけれどすこしもにおわないしさわってもさらさらしていた。新しい酵素で作る素材をひろめるため講習をするようにできた店で、そこでッ氏とお昼を食べようとおもったが、おりしも隣で『相棒』の撮影とかでパトカーや警察、刑事風のひとがたくさんいて、しかも店には彼らのお弁当が山盛りしてあった。ものものしい感じだったがみんな俳優だった.S.E.さんは水谷豊を見たという。
吉祥寺をぶらぶらして恵比寿に行き、S氏のやっている「わたりガラス」にいく。ここではMさんが帰らねばならないからあまりゆっくり食べれなかったが,噂の村上シェフの出してくれた野菜のレセピははっとするような冴えた味あった。とても勉強になった。料理のセンス,味付けの感覚が全く他とちがう。 2012年12月17日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2012-12-17 02:43

薬膳日々

選挙に行く。都知事、衆院選、裁判官の是非、を出した。

Mさんとつれだって、松本先生とお友達のH氏と4人で昼食。韓国ピピンパの肉抜き。
H氏はsバサバしたひとで、『いってん」という名の化粧品を作っていられると言う。と聴いたとたん
はっ!とひらめいた。ずーと悩んでいたこれからの屋号は「いってん」だと即座に決まったが、言いでしょうか,とお二人に言うと,「いいんですよ」となってMさんも反対はしなかったが慎重な面持ちではあった。私はこれ以外ないと思うようになって「いってん」「いってん」とばかりいっていて、H氏の話を遮ってしまっていたことを思い出した。

日本でやるからには日本的でありたいといろいろ日本的な名前など、昨日もMさんと考えていたがこれというピンとくる物がなかったが、今日は胸の使えがおりたように「いってん」で合点がいった。
急に元気になった。
その後、Mさんと表参道に行ったがひどい人で歩けないがなぜか、「いってん」のこと考えていたからか人ごみをすいすいと歩いた。Mさんが「さすが東京にはなれていますね」と言われたが,近頃慣れていないのです。『いってん」の効果でしょう。  
青山のベジのレストランは混んでいて,ベンチで待たされた。おしゃれにかっこ良く、高い値段であったが、それでも若い人たちをひきつけている。
昔と確実にちがっているが、なんだか草食系男子という言う意味がここにあるような気がした。

2012年12月16日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2012-12-16 02:29

薬膳日々

パリにいるべきMさんと3人で台湾精進料理屋でお昼を食べた。
味がしっかりしていた。帰りにさkなもどき,エビもどきを買った。
今日もいろいろの話でつきない。2012年12月15日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2012-12-15 02:23

薬膳日々

大阪からMさんがきた。有名なKさんの料理講習に出てきたのはさすがに勉強家です。
8000円で2時間で、高いと言うことになった。
あれやこれやおしゃべりしてひどく遅くなってしまった。
これから始めることに関しての相談や屋号のことで時間が限りない。
2012年12月14日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2012-12-14 02:17

薬膳日々

玄米10カップに大豆を2カップ入れて炊き、昆布の黒焼きを入れ青じそを混ぜておにぎり80個つくる。阪大に入れて風呂敷でつつんで、銀座のキャノンギャラリーにいく。順子さんの写真展のオープニングでおにぎり作ってきてほしいとたのまれた。
久々の銀座は明るさを取り戻していた。ギャラリーには華々しい花のお祝いがいくつも飾られていた.
高橋英樹や浜美枝などの名前があった。彼女はいろいろの人をパリで撮影していたのだ。
彼女の作品はかつての抽象絵画のように見えたが、パリのポスターをはがしては貼りまたはがしては貼りかえていくときに垣間見える痕跡を撮った。
大勢の人たち、おもに雑誌関係、美容関係の人が多そうだった。
a0160466_217999.jpg
a0160466_2161893.jpg

[PR]
by kyoko-yakuzen | 2012-12-13 02:05