オオニシ恭子の薬膳日記

koyakuzen.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

薬膳日々

Wさんは畑に、Mさんは一日中へに閉じこもって仕事,私も一日中コンピューターに向かっている。
ベルギーの銀行からの振込をオンラインで使用と何度もするけれど,何故かかうまく行かず、ベルギーに電話をする。
夜もふけ、裏山でなにか、聞きなれない動物の鳴き声がする。キーン,キーン、せつない声だ。22日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2013-05-22 01:44

薬膳日々

Kさん妹さん,そのお子さんと久しぶりのTさんがきてくれた。Tさんは東京から直接来てくれた。
Kさんは美容の完成を食べるもの抜きにはあり得ないから、エステと食をむすびつけたいと情熱的に語る。 21日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2013-05-21 01:35

薬膳日々

長年行きたいと思っていたUさん邸に行く。日本にくる度に自作の大根の葉や柿などたくさんもってきてくれていたので、その畑やお庭を見たいと思っていた。さぞかし郊外の、と思っていたが,新興住宅地の中にあった。そして家に入る所から違っていて非常にモダンな建築のお宅で台所はにじり口のようにかがんで、腰を回転させてはいる。アフリカの一枚板の長いテーブルをはさんだ無効に流しがあり,そのむこうのマドから外がみえる。家が一見3つに分かれている陽に見えるがその間にテラスのような空間がつなぎ,施術室、生活空間と分かれて見える。木のテラスには茶ぶたいと座布団がおかれて、大きな木が日陰を作り,花が散り、もう吸い込まれるような雰囲気で,不思議に落ち着いてしまう。
東京からテレビの取材の下検分に来ていた女性はやはりこの家の構造を紹介したいのだといっていたが彼女をまじえて、ちゃぶたいを囲み私たち野持っていった者,Uさんご夫婦の(旦那様が作った野菜と料理)の春巻きや玉ねぎどんぶり、などなどいただく。5月の風はこうだったな、と思うほどさわやかで,心地よいと感じるのはこの空間だからこそなのでしょう。なんという贅沢。なんでこういう贅沢をすててしまっているのか、最高、最高としかコドバがないほどです。
a0160466_1321348.jpg

[PR]
by kyoko-yakuzen | 2013-05-20 01:13

薬膳日々

昨日葉晴れだったが今日は曇りで午後から降り出した。お客は望めなかったが、それでも多少売れた。去ったと店じまいして,温泉に行った。家で打ち上げといっても有り合わせのものでしかできない。
なんとか画廊のオープンでき、近所の知り合いも増えていく。意外と人は繋がっていて,初めて会う人が知り合いと懇意だったりして、おもしろいものです。19日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2013-05-19 01:05

薬膳日々

10時オープンまでなんとか画廊はできたし,お菓子,おにぎりなどもならべ、何となくわくわく。
人通りは牡丹の時期とは雲泥の差ですくないけれど、何となく人のタイプがちがう。観光客とはちがうかんじで、人も少しははいってくる。町おこしの「わらしべ市」の呼び込みで配られた藁しべをみんなもって歩いてくる。おにぎり、お菓子が売れ,スカーフなども売れた。
Y氏が三味線を持っていらしてくれた。画廊を閉じてから家で弾いてもらいました。20年前は一日8時間弾いていたとおっしゃるだけあって、弾き方,音の勘所がピシット決まっている。『黒田節」の稽古をつけていただいた。
私の持っているのは細棹だけれど,Y師の持ってきたのは太棹で主に民謡や津軽三味線に使う。重さも,糸もバチも違っていた。
18日
a0160466_144721.jpg

[PR]
by kyoko-yakuzen | 2013-05-18 00:47

薬膳日々

Mさんが足りないもの会に出かけ,Wさんと画廊の内装やら,看板をかけたりし、遅くまであれこれしたが様にならない。あきらめてやめ、明日の朝にすることにして、明日出す食べ物のお菓子などの下準備をする。17日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2013-05-17 00:44

薬膳日々

小さな画廊をとにかく2日後にオープンさせようと、壁に布を貼ったり、テーブルになるものを物色したりしていた。16日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2013-05-16 00:39

薬膳日々

6月8日(土) やまと薬膳クッキングスタジオでは季節の茶会『水無月のつどい」では
草木染めの体験をいたします。詳細、ご案内は URL http://www.itten.me でご覧ください。
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2013-05-15 01:40

薬膳日々

ベルギーからの荷物を段ボールから出してせいり。其の間国会中継のテレビをかけてききながしながら作業をしたが、野党の質問は「国籍不明の潜水艦が日本領域にちかづいたこと」「選挙屁の関心を学生達にするべきだということ」「伊勢神宮に麻生副総理がいったこと」「聖徳太子が日の出づる国の、、」と中国に対し,誇りを持って接し中国を怒らしたこと、それくらい毅然とすべきじゃないかということ」「TPPなどに入って日本の食の安全はまもれるのか」「認知症の老人施設の虐待に関してなんとかししているのか」などなど日本の問題提議が出ていた。首相はスマートに答えていたが、政治家のやるめとして「経済優先」の色濃く、目の前の問題を解決していくべきということを強調していた。

大きく変えるべきだとうことは、大きな波乱を伴うからやりそうもない。

画廊にいろいろ運んで壁に貼る布を買いにいこうとしたら、猫ちゃんが網戸を少し倒して外に出た気配、『なつ〜」と呼べども姿はみえず、二階の屋根から下に降りたらしいから家の周りを探したが見あたらず、
縁の下にむかって、読んだら,『なーに?」という顔して出てきた。なまりでつったら家に入ったので、買い物にでかけた。

奈良ではいつも山が見え、うれしい。が、一つだけ不便なことはオーガニック野菜を買うのが結構大変で、欲しいものがそろわない。自分で作るしかないということなのですが、Wさんが一生懸命畑作りをしているけれど、まにあわない。ベルギーで買ってきた種のスラーとか赤かぶの若菜は新鮮なのが食べれていますが,大根,ごぼうキャベツとなるとまだなくて農協の初めた生産者の分かる市場で良さそうなのを選ぶしかない。オーガニックのもあるけれど水耕栽培です。農薬はほとんど使われているのではないかと思うと買いたくないけれど,欧米のようなBIOマークはない。それと何処まで信用してよいか分からないと言うのもある。干し柿で無添加と言うのが会ったのでかった。描きに農薬はかけないだろうと想定した。柔らかだから、明日、リンゴ野代わりにつかったシナモン下記ロールをつくってみようとおもう。奈良は大好物の柿がたくさんあるらしい。
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2013-05-14 00:06

薬膳日々

小さな画廊をオープンするので展示用の棚とか桜井市のホームセンターに調べにいったが、見切り品の棚が非常に安かったので買うことにした。最後の見本品で,Mさんが角の傷をみてさらに安くならないか交渉した結果,大幅に安くなった。これは大阪では当たり前という。東京ではありえない。ベルギーでも、じゃ買わなければいい,といわれてしまう。値切って恥を書くことが多いからねぎらない。

18−19日は初瀬の参道で『藁しべ市」があり。それをきっかけに貸していたがロースペースを『いってん」でやることにした。わらから大きな幸運をつかんだ[藁しべ長者」にちなんで、小さいことから大きな幸運を開こうという趣旨の市だ。  13日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2013-05-13 23:54