オオニシ恭子の薬膳日記

koyakuzen.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

薬膳日々

先日、夕方ちかく、3匹のウリボウが縁側の近くをお散歩しているような感じで一列になって歩いていくのを見た。始めに,あまりにも慣れているような歩き方だったので誰かが来てペットを離したのかと思ってがどう見ても瓜のような長い顔に鼻先がイノシシだった。ころっとしたお尻がかわいいというか、とても愛らしいので外に出たいと思ったが親が突進してきては困るので、ガラス越しに見ていたが草むらの方に行って後何処へいったかわからない。
ここにいると、夜はキーン,キーンと切ない動物の、多分鹿かもしれない声がきこえるし。猿の集団が移動してあちらこちらに出没するという。マムシ,むかで、モグラ、コウモリ、ヤモリといる。それらは主に夜出てくるというから,あまり夜は外にでたくない。けれど、うりぼうは夕方お散歩するのだろうか、近所に人によれば、イノシシは三輪山の神様のお使いだから、捕らえたりいじめたりしてはいけないという。かわいいお使いでした。
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2013-07-30 00:18

薬膳日々

大阪に出た。十三のシアターで『祈り」を見る。よいフイルムだった。村上和男博士の最後の語りには共感を覚え、著書『サムスインググレート」をかってきた。
かえりMさんと待ち合わせ車で帰る。桜井市に入って車道脇の目立つ看板を何度か見て、どんなたい焼き?思っていた『日本一たい焼き」を試したくなった。
それに、養殖の鯛焼き,天然鯛焼き,という文字も気になっていた。
早速店に入って『2つください。』『はい,黒あんですか」『ええ,ところで養殖のたい焼きって何ですか?」と早速聞くと、まってましたとばかり、襟を正す感じで「はい!ご説明させていただきます。養殖のたい焼きというのは、一変に何個も焼ける量産のやい焼きです。うちのは天然でごらんください、一回に2個しか焼けなく丁寧に焼きあげていきます。」「は〜!、粉とかあんことかオーガニックじゃないのですか?』『いえ、それは〜。でもよりすぐった直栽培のものを使っていますので。」『オーガニックの素材を使えばより天然ですのにね〜、そうなる様期待しますのにね〜」『はー、またどうぞ」
という訳、食べてみたら砂糖がきついあまさであった。皮はまあまあ香ばしかったというわけでした。
a0160466_12551534.jpg

[PR]
by kyoko-yakuzen | 2013-07-25 12:37

薬膳日々

部屋の前の山の斜面を一部借りて,和滅を植えることを始めた。飛騨のSさんが持ってきてくれた種を庭に植えていたが、それを借りた斜面に移すのに、まず笹やヨモギのはえている草深い所を鎌で切り、鍬でたがやして、畝をつくり、移した。元気に育って、といいながら。そこから与喜天満宮の山が見え、山の方に向かって背をのばす。笹が根をはっているので結構しんどいけれど少しづつ形になり、やがて和綿ができることが楽しみ。余った土地に亜麻仁を作ろうとしている。家にもどり、シャワーをあびてゆかたきて、今耕してきた所を見ながら、一休みする。
同居のHさんが与喜裏で畑をやっているので同行した。しばらく見ない間に彼女は一人でこつこつと畝を作りオクラやなすキュリジャガイモ、サツマイモ、バジル,大葉,大根,トマトなど見事に整腸させていた。私はトマトの為の支柱を作ったり草を切って小々土をたがやした。山の上の畑なので見晴らしは格別だし甘夏をとって食べ、恵まれていると感じた。夜食は収穫のあったものでたべたが格別においしかった。キュウリと豆腐の炒め煮。バジルのスパゲッテイ、オクラと大根,大葉のサラダを味わった。
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2013-07-20 22:16

薬園日々

1ヶ月以上ブログをアップしなかった。北海道に行ってからめまぐるしく忙しかった。
其の間かきたいことがいろいろあったが、やらなければ内羅に事の方が多かった。
奈良は暑くい。暑いのに慣れていないのか、生活のペースができていないのか,落ち着かない日々だったが、ベルギーから第3回目に送った荷物の中に調理台が入っていて,それを組み立てて,台にしたトタン元気が出て,やる気になりました。この調理台は私の『聖なる台」だ。調理台ができたとたん、
本当に元気になって、気持ちがしゃんとした感じがした。
:::::::::
この一ヶ月間にいろいろありましたが、『結芽未来幸望」kkの役員になり、農業体験を通して老人の最後の生きる場所や行き場のない若者の場所を作ろうという事業が始まる。そして、その代表のツァんがきて話してくれたことが印象深い。『今瓜をみているのですが、一度蒸しにくわれて、もうだめなくらいに葉がスケスケにんあったのですが、じっとこらえてまったのです。普通ならここで殺虫剤など散布するのですが、しないで待ったのです。そしたら見事な新しい葉ができて売りは見事になったのですよ。まつべきなのですね」私は何かとても感動し「野菜にも慈愛があるのですね。蒸しに食べさせてから,今度は自分の実をつくるとは」『そうなんですね」

7月19日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2013-07-19 21:53