オオニシ恭子の薬膳日記

koyakuzen.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

薬膳日々

空港について飛行機に乗って眠る。隣の人がよくトイレに行くので何度かおこされ、細切れの睡眠ではあったがヘルシンキの乗り継ぎ時間以外は寝ようと決めていたのに韓国映画一本見た。「義兄弟」
2010年10月10日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2010-10-10 03:31

薬膳日々

a0160466_2374366.jpg
アムステルダムのカメラジャパンへいく。夕方から店開き。お寿司、チップス、キナコチョコほとんど完売。そして、12時過ぎ、まりさんはアムスに残り、私は一人ブルージュに戻る、夜中の3時。
それからスーツケースの荷造りして、朝8時にタクシーに乗って空港へ。10年10月9日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2010-10-09 03:26

薬膳日々

明日のカメラジャパンアムステルダムのための準備で海藻チップス、お寿司、などの下ごしらえ。
今年は「苦痛と快楽」というテ−マがあるので、料理名とコメントをつけた「pain&plesure/unknown sea weed in Zeeland][pain & pleasure of sushi roll][pain & pleasure of pear and pumpking][pain&
pleasure of soy] [pain & pleasure of the skewered vegetables] 2010年10月8日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2010-10-08 03:10

薬膳日々

いつも夜中に帰るところ、今回は午前中にパリをでる。暗い中を走るより楽で安心である違いがよくわかったが、景色も違って見えた。しかしなぜか、途中で車線を帰るのを見逃してUターンしたはずが、とんでもない田舎道へと入り込む。ナビはいつも田舎道に連れ込んでくれる癖がある。田舎道を走ってやっと出た所はいつの間にか国境を超えベルギーに入っていて、ブルージュも遠くないところだった。ナビは近道を教えてくれたのかもしれなかった。 
車で走っていると窓をしめていてもいろいろな臭いがはいりこんでくる。
コーヒーの臭い、チーズの臭い、焦げ臭い臭い、肉汁の臭い、発酵の臭い、、、などなど。
  2010年10月6日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2010-10-06 07:52

薬膳日々

いつも夜中に帰るところ、今回は午前中にパリをでる。暗い中を走るより楽で安心である違いがよくわかったが、景色も違って見えた。しかしなぜか、途中で車線を帰るのを見逃してUターンしたはずが、とんでもない田舎道へと入り込む。ナビはいつも田舎道に連れ込んでくれる癖がある。田舎道を走ってやっと出た所はいつの間にか国境を超えベルギーに入っていて、ブルージュも遠くないところだった。ナビは近道を教えてくれたのかもしれなかった。 
車で走っていると窓をしめていてもいろいろな臭いがはいりこんでくる。
コーヒーの臭い、チーズの臭い、焦げ臭い臭い、肉汁の臭い、発酵の臭い、、、などなど。
  2010年10月6日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2010-10-06 00:59

薬膳日々

講習では「食の方程式 I」を説明。食の方程式で早く「自分食」を見つけてもらう事を提唱。
とても熱心に聞いてもらい理解してもらえたようだった。
夜はフランス人のクラスで同じ事をやってみる。やはり、とても興味をもってもらい次回を楽しみにするという。方程式はIIIまで続く。    2010年10月5日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2010-10-05 07:24

薬膳日々

Fさん、Nさんが帰国するのでブルージュまで送り、私とまりさんとSさんは車でパリへ。
N-D社とミーテイングした後、講習の準備にむかう。2010年10月4日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2010-10-04 06:31

薬膳日々

ブルージュでインタビューにこたえる。ブルージュの町を歩くなどしてFさんNさんの取材は終わる。2010年10月3日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2010-10-03 09:24

薬膳日々

a0160466_2324626.jpg
ゲントに行き、ゲントでの過去の生活に関しての取材。セントヤコブス寺院前のフリーマーケット、センターの町並みを歩き、ラーテムへ行く、前に住んでいた家やお城を回る。お城は堅固な鉄の門がついていて、中にはいれなかったが、ベルを押しても応答がない。ちょうど帰ってきた息子に取材で写真を撮らせてほしいとたのんだ。間もなく両親が帰ってきて、顔見知りの前の住人だから庭で写真を撮らせてくれた。改修後のお城に入ったのは初めてであったが、つるバラのつたうテニスコートはなくなっていた。3階がとられて三角の屋根になっていた。1−2階は昔のままできれいに塗装されていた。中央の花壇はシンプルに整備され池になっていた。変わっていたものの5年間住んだお城でのいろいろの想いでが思い起こされた。猫たちのこと、子供たちのこと、病気治療に来た人々のことなどが、、、、。

その後越した家の裏通りにある協会の前には馬車に花嫁が乗って10名くらいの騎手が馬をなだめていて、多くの人がみまもっていたが、教会の鐘が鳴り結婚式がはじまるようだった。
                 2010年10月2日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2010-10-02 09:01

薬膳日々

今日はゼーランドのマリアンの家に取材。エルスもきてもらって濱に出て先ず海藻やオイスターをとりオイスターを持っていったコンロで焼きながら海藻プロジェクトについて語ってもらう。
2010年10月1日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2010-10-01 08:48