オオニシ恭子の薬膳日記

koyakuzen.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

薬膳日々

昨日とうってかわって寒い日にまいもどり、家にこもっていました。夕方、明日のアムステルダムの講習のための食材を買いにでました。
緑豆は大豆の仲間家と思っていた。けれど炊くと小豆の臭いがするにで調べたら小豆の仲間だった。
スープにすればレンズン豆のよう。納豆にすると、大豆の納豆より食べやすくパテなどにしてパンにもよくあって幅ひろく使える。中国では古くから洗顔に使っていたらしい。今度ためしてみようと思います。    2011年2月18日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-02-18 06:23

薬膳日々

a0160466_1130207.jpg
お天気がよいので家にじっとしていられない気分です。クロッカスの黄色、紫の頭が一斉に吹き出した。DE PANNEまでドライブした。途中オステンドからニュウポート迄の間は海辺の脇を走れてとても気分がよかった。途中車を降り、浜辺にでて、バンクを見ればここにも岩のりが沢山ついていた.まだ短くつぼみのように丸まっていたのでこれから伸びるのかもしれない.少し摘んだ。
DE PANNEは殺風景で興味をそそるものがなかったがお菓子屋でお茶を飲んだ。店を出てからあそこのおばさんはお菓子を食べましたという典型的なタイプでしたね、というとまりさんが「え、そうですか見てきます」と引っ返してガラス越しにお菓子を見るふりしてしばらく店内を見ていた。
帰りの空は白い満月が淡いピンクがかった空にあってもう日も確実に長くなり、春を感じた。
         2011年2月17日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-02-17 11:09

薬膳日々

朝、ゆっくり起きるとまりさんが家の窓を開けて掃除していた。昨日ののこりの寿司飯でのり巻きつくり豪華に昼食。何処かドライブしようか、というとまりさんがアントワープというので、そうねという事になり午後アントワープのフャッション街や古着屋やブテイックなど見て回る。頭はまた、ロシアのマンホールで暮らす少年や、見えない世界にどれだけのストリートチルドレンが居るのだろう、と思って、奇抜なデザインものを見ても気がのらないような感じてそれでもアントワープはさすがファッションがおもしろいなと思ったりしている。今晩はやはり昨夜の残りのシャンピニオンを使ってパスタにしようと決めていたが、せっかくアントにきたからお茶くらい飲んで帰ろうとした。案外カフェがない。6時で締まってしまうかビールカフェだ。あちこちあるいて、カテドラルの近くの観光地にきて昔よく入った「十一戒」というカフェレストランがカテドラルの裏にあるのを思いだし、行ってみると昔のまま、少しもかわらず、薄暗いろうそくの光の中、至る所にキリスト像やマリア像などがコレクションされていた。旧市街地は何となくさびれ、昔寂れていた古もの街はファッションの店でずいぶんかわっていたが、「十一戒」だけは30年前と変わっていない不思議なカフェです。2011年2月15日
a0160466_1394492.jpg
a0160466_1383947.jpg

[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-02-15 12:35

薬膳日々

朝忙しく用意して、車に全ての食材、テーブルデコレーションの材料を積みでデンハーグにでかける。
途中、昨夜ちょっと見たロシアのストリートチルドレンの映像で、幼い子供が親の暴力から逃れマンホールで暮らすシーンが頭から離れなく、今日の大事な成り行きよりも世界の恐ろしい現実をまた突きつけられたということのほうが私を占領し続けた。デンハーグの目的地に近づくとナビが指示するようにどうしても道に入れない。どこにまわっても行くべき先の道路からポールが生えたように立っていて車が入れない。何回もグリグル回り、思いきって迂回してみるけれどやはり入れない。どうしようもなくそのポールのぎりぎりまで車を入れ助けを求めようとしたら、ポールがすーと道路に引っ込んだ。入ってよいかどうか分からないが、それーとばかりはいって、よいかどうか分からないところを走って進んだ.警察が来て怒られるかもしれないが、そうしたら、訳を話し、行く先を案内してもらおうと思ったがあいにく警察はこなかったし、ポリスの車は向こうに走っていってしまった。まりさんがおりて聞きに行きなかなか戻らなかったが、やっとMさんと現れた。この地域は官庁地域、大事な国の機密機関の密集地帯なのでむやみに車が入れないのだという。荷を下ろしてパーキングするのにもまたポールがあって出られない。前の車が出たスキに急いで出るが、ポールが上がってきたら大変な事になるから冷やっとした。
 今日の講演者のB教授が「やっと一緒に出来る事になったね」とニコニコしていた。
テーブルの上に塩の砂丘をつくり、ガラス板を配置した。キッチンをかりて、他のレセピ、2種を作り始めた。コングレスの最初の方は忙しくてひたすらキッチンで準備していたが、大勢のvipで会は大盛況らしい。やっと、作り終え、最後のパーティには顔を出した。背の高いオランダ人のジェントルマンたち皆さんがにこやかに私の作った海藻料理をとっていって美味しい、と言ってくれる。
海中写真家のドスさんが「キョーコは海藻のクイーンなんだ」とあたりの人にいい、大げさによろこんでいる。ベルギー人のカメラマンも一緒に本を出すんだよ、今準備しているからね、と大げさに3回の挨拶をしてくる。ひげが強くて顔が痛かった。今日の料理の評判が良いらしく一安心。
エルスは、最も重要な人物がみんなここに来ていたから私たちの活動や海藻料理をしらせるよい機会となったといっていた。政府関係と大学関係者を集めたオランダの海藻ファームの立ち上がりのこのコングレスは大成功のようであった。B教授は終始ご機嫌で「また次回ね」といっていた。
a0160466_1226738.jpg
a0160466_12251075.jpg

帰りは疲れも感じない爽快な気分で走行して帰る。2011年2月14日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-02-14 11:38

薬膳日々

朝から夜遅くまでまりさんと上下のキッチンに分かれ、黙々とひたすら明日のための準備。私は植物の型のビスケット200枚焼き、まりさんは小さなピザを80枚や気クリスプを1kg焼いた。私は何かとても肩が凝った。一枚一枚念入りに焼いたビスケットではあったがおいしいのかどうか分からないくらい舌も麻痺していた。早く寝て朝4時起きするつもりが寝たのは夜中の2時になった。
2011年2月13日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-02-13 11:30

薬膳日々

自転車に乗ってザンド広場のマーケットにいく。14日のための食材の買い出しです。久しぶりに乗った自転車のタイヤの空気が抜けていて漕ぐのに息がきれて歩いた方が楽だった。途中白鳥の池を横にみながらあるいたが、白鳥も春が近いことを感じてか、羽をひろげて優雅に泳いでいたり、頸を深々と水にもぐらせていたり、なんだかとても平和な群れの様子です。2011年2月12日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-02-12 11:21

薬膳日々

14日のデンハーグでの大事な会議にだす海藻料理のための新鮮な海藻をフリシンゲンで受け取るためブレスケンスに行きそこからフェリーに乗る。エルスからおおきな袋を2つ受け取ってすぐひっかえした。食材をあつめたり、プレートに使うガラスなど切ってもらったり素材準備の日になった。14日は
首都デンハーグで海藻料理をアピールし、海藻を食の列にいれるために人々の目を向けさせるという大事な日です。  2011年2月11日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-02-11 08:27

薬膳日々

ブラッセルでの講習は今日で一応閉じる事になりました。17年くらいやってきましたが、常連の方々がお年をとって、帰国されたり、お世話役のKさんも帰国が決まってしまいました。主催のカナザワさんはお元気とはいえ84歳です。皆さんの出欠を調整したりするのが大変です。最近いらしている若い方達は残念がっていますがブルージュの方に来てもらうことにします。カナザワさん,Kさん、皆さんありがとうございました。     2011年2月10日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-02-10 08:18

薬膳日々

再びトライアスロンのB氏のグループが受講にきた。食事の時、彼の友人のG氏は料理人だと分かった。
その上、彼は日本にオートバイでいったという。ベルギーからオランダードイツーポーランドーロシアに入り、シベリアにいって東へ東へと行きウラジオストックに出てそこからフェリーで日本に着いたという。面白くてその話が聞きたくて、講習を返上したいほどでした。ベルギーの「ミス モ−ターサイクル」を含む5人で出かけたという。危険はなかったのかと聞くと、ベルギーからオランダに行く時が一番危険だったという。ヤマハの世界で初めてのモデルで行き日本ではヤマハを訪ねたら社員がみんなみたことのないヤマハの新型に驚きの目で写真を撮るのでまるでマイケルジャクソンになったみたいだったという。どこでも自然や人々がすばらしかったという.ただ、日本で驚いたことは、仙台の海辺に出た時、海辺でみんなバーベキュウをしていたが、日本人はみんな魚を食べていると思っていたのが、豚や牛肉のバーベキュウで誰も魚を食べていなかった。自分たちは漁師からもらったサケを焼いたら、みんな奇異な目で見たという。そしてバーベキュウが終わったら、テーブルや椅子、テントなどの器材を全て捨てていってしまったことだという。聞いていて耳が痛い感じでした。北海道で熊にでくわしたのでUターンした事、途中いろいろあったというだけで詳しくは聞けなかったが、各地で人情に触れたことを言っていた。また、他のルートで行ってみたいそうです。2011年2月9日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-02-09 07:25

薬膳日々

今日は晴れて、春がちかいと感じさせる日でした。洗濯を沢山して外に干した。まりさんは納豆をつくっている。私は早めにお雛様をかざりました。
食の方程式の時間,季節についてのグラフを書いたり、女性の生理の周期を1−7−1の日割りの図や一生のをかいてみたりした。明日、家での『トライアスロン」組のへの準備です。それを五行説と重ねても使えます。『心ー脾ー肺ー腎-肝」の説明もできます。  2011年2月8日
[PR]
by kyoko-yakuzen | 2011-02-08 08:08